素材の特長を知って、ポロシャツを選ぼう

カジュアル、オフィス、スポーツと様々な場面で着用されているポロシャツは、その素材により機能や着心地が異なります。どのような場面で着たいかにより違ってくる自分に適したポロシャツの見つけ方を伝授します。

ポロシャツに使われる素材とは

ポロシャツには綿や麻、ポリエステルに代表される化学繊維、あるいはそれらの混紡繊維が素材として用いられています。それぞれに機能性や着心地に特徴があり、それを知ることでポロシャツが選びやすくなります。

ダントツ人気は「綿」

古くから人々に親しまれている綿は、ポロシャツにも多く利用されています。肌触りが良く、特に吸水性や吸湿性に優れ、通気性や耐熱性も有している万能素材です。また染色性や発色性が良いため、華やかな見た目のポロシャツに最適です。カジュアルやオフィスでよく用いられています。

スポーツには「ポリエステル」

合成繊維の一つで、繊維としてだけでなくフィルムや容器など様々な物に使用されている素材で、繊維としては強い強度と弾力性を誇ります。型崩れしないという特長も有し、洗濯に強い素材です。また吸汗速乾性にも優れているため、スポーツをする際におすすめです。

綿とポリエステルのイイトコドリ

種類の違う繊維を組み合わせて、それぞれのメリットを取り入れた繊維を混紡繊維と言い、ポロシャツには綿とポリエステルの混紡繊維がよく用いられています。吸湿性や通気性、速乾性はもちろんのこと、ポリエステルの長所である洗濯の強さを持ち合わせています。しっかりとした生地ではあるものの、肌触りは優しいという点がポイントです。

清涼感なら「麻」が一番

世界最古の繊維である麻もポロシャツに使われています。通気性や吸水性に富むため、清涼感を感じられる光沢のある素材です。固い繊維のため、肌に多少の刺激を感じることもありますが、暑い夏を過ごすには最適と言えます。

長持ちする洗濯方法

どの素材のポロシャツであっても長く着るためには洗濯ネットを使用した洗濯が最もおすすめです。生地を傷めず汚れを落とせるという点がその理由として挙げられます。
綿は特に洗濯機の力に弱い素材なので、強い水流で洗濯したり脱水時間を長くしたりすると型崩れやシワの原因となるので注意が必要です。弱水流で脱水も1分以内にするとダメージを少なく洗うことができます。
ポリエステルは洗濯機の力には強い素材ですが、摩擦で毛玉ができたり、汚れを吸着しやすかったりするので気をつけましょう。たくさんの洗濯物と一緒に洗うのを避け、40度以下の水で洗うようにすると汚れがよく落ちます。
麻の場合は、乾きやすい一方で、シワができやすいという難点があるため、脱水時間を短めにすると良いです。それでもシワになった場合はアイロンがけをおすすめします。

まとめ:ポロシャツでスポーツするならポリエステル

ポロシャツに使われている素材には、綿、麻、ポリエステルおよびそれらの混紡繊維が用いられています。それぞれに特長があり、綿は肌触りの良さと通気性および吸湿性に優れています。ポリエステルは強い強度と吸汗速乾性が特長で、スポーツシーンに最適です。麻は通気性および吸水性に富み、清涼感を感じる素材ですが、着心地はやや刺激があります。洗濯をする際は、それぞれの素材の特徴を踏まえた方法で丁寧に洗うことで長持ちさせることができます。