キッズにおすすめのポロシャツについて

ポロシャツの由来は、ポロ競技をする際に着用されたシャツにあると言われています。馬に乗って手持ちのスティックで球を打つ伝統ある競技です。このポロシャツの特徴としては、襟が付いていて首元をボタンで留めているものが一般的。スポーティーな中にも品の高さを感じることができます。そんなポロシャツは、おしゃれ着として、またスポーツのときのウェアとしても、今では日本人が着用する定番アイテムのひとつです。その中でも今回は、キッズ製品について紹介します。

キッズのポロシャツの選び方。

例えば、ポロシャツの大きな特徴でもある襟ですが、子どもにとっては邪魔にかんじる子もいるかもしれません。普段Tシャツを多く着用している場合は、襟が気になるので、襟の大きさは大きすぎず、顔や首回りに当たりにくいようなデザインを探すように心がけましょう。また、袖は、ポロシャツの場合、構造上伸びにくい素材が使われることがあるため、袖口の伸び具合をあらかじめチェックしておきましょう。そして、ポロシャツによく使われる鹿の子織りは、子どもにとってはザラザラした印象もありますので、できれば子どもと一緒に肌触りをチェックするのがおすすめです。

ポロシャツを着用するシーンを想像してみる。

普段着以外にも、襟がついているポロシャツは、親子で知人の家に招待されたり、発表会などを見に行ったりする際など、少しかしこまった席で子どもに着用する時に重宝されます。ジャケットやブラウスと違って動きやすいので、子どもには着せやすく、かっちりしすぎない仕上がりでちょうど良いと思います。実際に着用するシーンを考えてシンプルで上品なポロシャツを1枚選んでおくといいでしょう。

デザインはシンプルな中にお洒落なポイントがあるものも。

ポロシャツはTシャツと違って、大きなロゴなどがプリントされているものはあまり見受けません。デザインとしては、生地自体がシンプルな無地が定番でもありますが、それ以外にもボーダーなどの柄が入っているものもあり清潔感があります。また、襟元だけ素材を変えて可愛く仕上げていたり、左胸に小さなロゴが入っていたりするものもあり定番です。また、女の子のポロシャツには、袖口がパフスリーブになっていたり、裾がフリルになっていたりする可愛らしいものもあります。

キッズのポロシャツは着用シーンと着心地を考えてあげよう。

大人と違って子どもは自分で選んで購入するわけでもないので、大人がよく考えて選んであげましょう。いつ着用するのか、また子どもが気に入って着てくれるかなどを考えて、シンプルコーデと華やかコーデで使い分けができるように2種類ほど常備してあると便利かもしれません。